So-net無料ブログ作成

W杯直前試合対マルタ戦 成長しすぎて老化? [スポーツ]

マルタってもしかしたら初めて聞いたかもしれない。FIFAランクは125位のようだ。日本は18位。一見すると楽勝な差だが実況の土井さんも言ってたとおりマルタはヨーロッパの強いところと対戦しているのでなかなか勝てない。よってランクも上がらないと。ランキング以上の実力があるのがわかった試合。

開始2分でドイツ戦で機能しなかった左サイドからのゴール。いったいいくら点が入るのかと楽しみにした。終わってみればその1点のみ。内容も悪い。

攻守に課題を挙げればきりがない。ドイツ戦で見せた成長も感じなかった。特に後半は昔の決定力のない日本代表そのもの。パスは通らない、シュートは枠に入らない、ピンチは辛うじて防ぐという見ていても面白くない試合展開になってしまった。ドイツ戦の疲れってもう始まるんですけど大丈夫?

中田、駒野、福西、川口が合格。中澤は攻撃もいい形で参加できていて大合格。小野はエンジンがかかるのが遅い印象。中村は司令塔のわりにはドイツ戦とい活躍が控えめ。前回褒めた大黒はやっぱり後半のスーパーサブ向き。嫌いな玉田がイマイチながらも決めてしまった。巻は活躍できずだが・・・後半の後半から何を焦っているのかパスが下手で通らない。ワントップ向きなチームじゃないのがよくわかった。巻はジーコの中では5番目の選手なのか?この試合玉田より上いくチャンスだったのに。。。あとの選手は調節と休養の矛盾をこなせ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

W杯前哨戦対開催国ドイツ DF陣に課題 [スポーツ]

サッカーのことうんぬんの前に何で1時間遅れ?テレ朝には説明して欲しいぞ。放映権か何か絡んでるのか?最初にどうでもいいカビラ等の話やニュースがあるし。ハーフタイムはしっかりあるし。もう始まってるんだからささっと放送しろ。

ドイツは開催国というだけで優勝候補なわけで(前評判はそれほど良くないようだけど開催国は強いという歴史がある)そんな相手と直前に親善試合をやってもらえるなんて日本は恵まれてる。ドイツはこの試合で先発メンバーの参考にするとか。日本が相手ってどうなんだろう。

柳沢のイエローは両方が貰ったようだが審判には不信感だな。NHKでもう一人の日本代表(審判)上川徹さんの特集を見たけど、せっかく厳選したって審判の問題はまたありそう。

ドイツはメンバーはすごいけど日本と同じで得点力不足な印象。そのおかげでなんとか途中まで守備できていただけなようだ。調子がよければもう3点くらい入れられていてもおかしくない。ずるずる下がるDF陣は不合格。そしてカウンターをやられると相手より足が遅く戻りの遅いのは痛い。本来は一人が喰い止めその間に体勢を整えるべき。2点も先制したのに本気になったドイツに追いつかれるようでは不安。

ドイツはわかってたけど高けー。ゴール近くのセットプレイは全て合わせられてた。それだけじゃなくゴール前でヘディングだけでパスされ翻弄されてた。上の通りドイツは得点力不足な感じで枠を外してくれたおかげで、正確に枠を狙われたら大量失点もありえた。身体能力の差はしかたないけどクロアチアも高いから心配だ。そんなこんなでDF陣は課題山盛り。

柳沢は骨折の影響はなさそう。とりあえず主力(大黒・巻)が出る前の前半は任せられる。高原は決めたね。1点目はあれをはずしちゃ話にならないからまぁまぁと。それより柳沢のアシストが上手かったと評価。2点目はよくやった。

加地のケガで代わった駒野もいいね。日本は左サイドのサントスを攻撃の起点にするようだけど右サイドからの揺さぶりも貴重。サイドチェンジはどんどんしてもっともっとかき回して欲しい。大黒は出場時間は短いのに魅せるねー。ゴールは時間の問題という印象。

ドイツはファールが多かったし、後半は本気を出させただけでもマスコミは好評かというところか。僕の評価は勝ち試合に引き分けなんだからまだまだ。そして後半は大黒・巻だって。本物日本の時間をせめて20分くらいお願いしますよジーコ監督。

今回の日本のユニフォームは破れやすいのかな?ドイツの競が激しいだけ?


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:スポーツ

06年サッカーW杯日本代表決定、まずまずかな [スポーツ]

キリンカップ前後の予想では「日本最大の敵は監督ジーコ」というタイトルにしようかと思うくらいだったけど、まずまずの代表メンバーになったと思います。

問題のFWも気に入らないこと多々あるけど後半に期待しましょう。前半は高原、柳沢、玉田のローテーションで0-0ならOK。後半の大黒、巻からが本当の日本のBESTだと思うことにします。

ただ問題なのは起用法。できれば後半の最初からもしくは序盤でメンバー交代して欲しい。あと数十分とかでの交代はやめて欲しい。ジーコは選手交代のタイミングが悪いような気がするからな~。

平山をブラジル戦で使って欲しかった。第3試合のブラジル戦までには日本が決勝トーナメントに出れるか決まっている場合がある。そういう場合に使って欲しかった。なにも1、2戦目や命運が掛かっている試合に出せとは言わないから。小野だって8年前そういう感じで数十分出た。そんなんでいいから出したかったー。

FWは3人嫌いだけど中でも一番は玉田。スピードキングでチャンスメイクが持ち味のようだ。僕にはチャンス潰しにしか見えない。魚群をまんまと外し「ごめんね」と去っていくマリンちゃんのようだ。相手チームにとって最高のDFだ。だけどジーコが選ぶならまだわかるけど、ファンも選ぶ人がいるから不思議だ。Jではチーム状況が悪いからってPKの1得点だけだし、そんなのがオールスターのサポーター投票のJ-WESTで2位に着けてるなんておかしくねぇ?野球のオールスターの川崎みたいなもんなのかな。

ベスト オブ ベスト~ALL Singles Collection

ベスト オブ ベスト~ALL Singles Collection

  • アーティスト: 大黒摩季, 明石昌夫, 葉山たけし
  • 出版社/メーカー: ビーグラムレコーズ
  • 発売日: 1999/12/31
  • メディア: CD
友情のエール

友情のエール

  • アーティスト: YELL FROM NIPPON, 浜崎貴司, 本間昭光
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2006/05/31
  • メディア: CD

大黒、巻よ、これで「熱くなれ」。


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

選抜高校野球2006 [スポーツ]

優勝は横浜高校。
決勝戦は21-0という記録の大勝。横浜の試合は見てないけど絶対のエースは不在なのかな。スコアを見る限り4人くらいで上手くかわしている印象。打力はあるようだけど夏は厳しいんじゃないかな。僕の予想を裏切る活躍を期待します。

昨年の夏の記事に書いたけど今年の夏の大会は地方、大阪大会が熱い。優勝した横浜に1回戦1-0と接戦だった履正社は大阪だ。決勝で大敗した清峰に準決勝で6-0で負けたPLももちろん大阪だ。そして昨年の夏に辻内、平田の2代スターを見事に出し抜いたスーパー1年生中田がいる大阪桐蔭も強そう。この他にも強そうな高校がいくつかあるはずだ。本番の甲子園よりも熱い大会になりそうだ。

 今大会で唯一といっていいくらい見たのが早稲田実業×関西。7-7で延長15回引き分けにより翌日再試合となったのだ。その次の試合を見た。3回5回と早稲田実業が1点ずつ取り有利かと思われた。しかし7回に関西が1点を反し、8回に2点本塁打で逆転に成功する。残るは9回のみ。この逆転劇で関西がほぼ勝ちかと思わせたが9回に甲子園恒例のドラマが待っていた。9回表、早稲田実業の攻撃。1アウトランナー1塁。次のバッターはライト前ヒットだった。だったのだがライトが後逸。バッターも還り2点を追加のまさかの逆転。ライト熊代はもう自分のせいだと泣く。チームメイトはまだ裏があると慰める。キタコレ。熊代くんには可哀想だけど今大会No.1試合だ(これくらいしか見てないんだけど)。
 裏の関西の攻撃にもちょっとしたドラマが。8番から始まる打順。バッターは何が何でも打とうと気が迫り大振りの3球三振。9番も同じく初球打ちで打ち上げる。サードが落下点に入るも風で流されて内野安打になる。まさに何かを予感させる。そして先ほど後逸してしまった1番熊代くんに打席が回ってくる。甲子園て何故か面白い打席になることが多い。熊代くんは自分のミスを取り替えそうと気負ってしまいこれまた初球打ちのキャッチャーフライに倒れる。本人ガックリ。次2番は冷静だった。ピッチャーがやや投球が乱れ四球を選ぶ。3番も粘りファーストへのゴロだがラッキーヒットにする。満塁で1点差で4番に回ってくる。高校野球の4番というのはプロと違いまさにチームの頼れる柱。関西の4番安井くんはキャプテンでもある。昨日9回裏満塁で走者一掃のスリーベースタイムリーで同点を演出したが、本日はノーヒット。昨日の再現なるかという場面。相手投手はこの打者で100球を超える。キャッチャーフライ試合終了。試合終了のサイレンと同時に雪が降ってくる演出付き。
 この試合には出なかったけど前の試合で関西の投手を見た。なんだかダルビッシュみたいだなと思った。うおーダースくんだ。忘れてた。このチーム昨年もドラマ演出してるよ。夏は優勝というドラマを期待してるぜ(いいとこまで行くだろうけど無理だろうな~)。

WBCの決勝戦9回裏に日本は勝ちを確信していた。ベンチでは飛び出す準備に笑顔慢満載だった。僕はこれをみていい印象は思わなかった。まだゲームが終わっていなかったからだ。点差はあるが相手はあのキューバ。十分に追いつかれ逆転される可能性があるのになぜ気を緩めていたのか。最高のチームだからこそ最後まで最高でいて欲しかった。関西の試合を見て試合終了までわからないことを思い出させてくれた。

今回は見てないので注目選手はなし。やっぱりPL前田くんはすごいなーくらい。夏は例年以上にレベルの高い大会になりそうだ。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

今頃トリノオリンピック雑感 [スポーツ]

まとまらずにいたらこんな時期に。せっかく書いたのだから4月に入る前に更新。

メダル
日本は結局メダルは1つ。もともと取れる実力もないのに期待しすぎだったと思う。フィギュア以外で取れる可能性が高かったのはスピードスケートの加藤くらいのはず(他にいた?)。マスコミが煽り、勝手に取れないのはなぜと騒いでいるだけ。本来の日本人選手の実力からしたら4位や入賞でも大健闘だと思う。よくやったと褒めるべきだ。長野と比べていたが長野は神がかり的に取れたにすぎない。でも今回はあと一歩のところでアクシデントがあったり祟られてるな感じだった。練習の設備が整ってない?整っていたら取れたのか疑問だ。4位がメダルには届いたかもしれない。

冬季オリンピック
トリノオリンピックを見ていてオリンピックというものがそんなに重大なものでなくなったような印象を持っていた。世界選手権などと同格のように。金メダル候補が欠場したとか聞いたからだ。オリンピックの金より実力がNo.1ならそれでいいのかと思った。だがフィギュアの荒川、スルツカヤ、クワン、プルシェンコのエピソードなのでアスリートにとってオリンピックの金というのはやっぱり特別なものなのだとわかった。

マクドナルド
マクドナルドはオリンピックのときは毎回キャンペーンをやっていた印象がある。今回もトリノ、イタリアということでイタリアン商品は出ていた。そうじゃなくてここでいいたいのはスクラッチキャンペーン。銀をこするって日本のメダルは何個だとか、種目別で金を取るのはどこの国かが書かれていて当たると何か貰えるやつだ。毎回やっていたと思うのだが今年はそういうのなかった。経営が苦しいからか、毎回やるわけではないのか。サッカーW杯もあるから(毎回冬季オリンピックと被るけど)そっちで何かやるのかな?

フィギュアエキシビション
女王荒川は綺麗だったけど特別変わったことはしなかった。イナバウアーを長く披露くらいか。プルシェンコはFPの曲をバイオリニストの生演奏で披露。エキシビションなのにジャンプしまくりでこれだけで金メダルもう一つという感じ。他の選手とか格というかそれ以上に違う。次も出るようだがもうメダルあげるからプルシェンコショーという別競技で一人でやっておくれよという感じ。本番は毎度見てないけどエキシビションでは見るペアとアイスダンス。何度確認しても違いを忘れてしまうw。それにしても人を投げたりありえない体勢になったりとアクロバットは見応えがあった。

色々雑感
 冬の競技は無謀とも思えるのがたくさん。スキー滑走は生身の人間が100km/h以上のスピードで移動してる。ジャンプも目新しくなかったから驚きレベルが低かったけど、よく考えれば100mくらい飛んでいる。地面からはそんなに離れないように飛ぶようだが。ルール改正で比較的身長が低い日本人に不利になったとか。道具の差で決まるスポーツってなんだかな~。エアリアルも人間はどんくらいの高さで死ぬんですかーと。
 新競技のスノーボードクロスは男女共に決勝は面白かった。見ている分には面白い。でも自分で転倒する分にはいいが巻き込まれたらスケートのショートトラックのようにアドバンス(次に進める)があってもいいんじゃなのかな。でないと運の要素が高すぎる。
 カーリングは将棋や囲碁なども思っているんだけど男女分ける必要あるのだろうか?報道ステーションで小野寺選手がスポーツだと断言してたし、練習はハードみたいだからそこなのかな。カーリングブーム?たぶん4年後にはカーリングって何?だろう。長野五輪のときも同じことがあった。熱を冷ますな。
 フィギュア男子は高橋は最初と最後に滑走なんて緊張しただろう。女子は日本を制すれば世界を制したことになるなんて言われていて、男子は跡がいないと言われていた。世界に勝てるレベルにないにしても戦えるレベルまでになったのだから評価に値する。金メダルのプルシェンコは簡単に跳んでいるように見えた。競技前からすでに王者の貫禄があってまるでエキシビションでも見ている雰囲気。それに比べ高橋は失敗した4回転はともかくそれ以外の演技が単調。あれでは高得点は望めない。そこが世界との壁なんだろう。プルシェンコの構え(これで通じる?)はなんかカッコイイ。イチローもWBCの優勝が決定したときしてた。


古田さんがソネブロガーじゃなくなっちゃたよー。ソネブロが重いからご立腹だからか。重いのは古田さんのせいだという意見が届いてしまったのか。でも古田さんがいるからソネブロにしたという人も多いはず。それにソネブロの他の有名人ブログは魅力が少ない(他ごめん)。古田さんみたいなビッグがいないブログサイトなんて弱小だー。カムバーック(ヤクルトの公式ブログと両方更新するのが面倒なのが理由なのかな~。始めから31日までの契約だったとか)。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

WBC日本世界一ヨッシャー!! [スポーツ]

日本WBC初代世界一
いいところまでいくとは思ってたけど優勝するとまでは正直思わなかった(可能性はあるとは思ってたけど)。めでたいめでたい。なんか春の早々に燃え尽きてしまってみんなこれからリーグが始まるのに大丈夫かと心配してしまいます。

王JAPAN
王監督って近年短期決戦に弱いんだよなーなんて思うこともありました。でもイチローも勇気を貰ったと奮起し、福留の起用など的中も。ソフトバンク、パ・リーグの選手が多いのも王監督ならでは。松中はチーム(ソフトバンク)の監督を世界一にしたいと最後には魅せました。王監督サイコーでした。

キューバ
決勝のキューバはオリンピックも毎度思うのだが、皆スイングが早い。イチローや松井が早いと言われてるけどテレビで見た限り他の選手との差はわからない。だがキューバは早いというのが実感できる(実際に早いのかは不明だけど)。序盤に点差が開きあっけない試合かと思われた。そこは王者キューバ。日本は終始リードしていたものの1点差まで追いつかれた。終わってみれば10-6と4点差あるが日本が9回表に点を入れなければ同点とされていた。差を埋められた日本が相手の勢いを制し、再び流れを引き戻せたかはわからない。

ミスでよかった川崎の送りバント
ターニングポイントである9回表の攻撃は相手のエラーで出塁したところから始まった。2番手川崎は送りバント。しかしここでバントを読んでいたサードの好守で送りバントが失敗。川崎はこの試合プレッシャーからか守備でエラーが重なっておりここでの失敗も辛かっただろう。だがこの失敗が日本にとって好材料となった。1塁に残った川崎は足が速いのだ。次の打者西岡は意表をつくプッシュバントで内野安打。「君はいい選手だ(イチロー談)」。そしてぶっちゃけここまで今大会日本をリードはしてくれているけど僕の期待はもっともっと活躍が見たかったイチローが魅せた。決勝打となるタイムリー。ここがポイント。2塁にいた川崎が生還した際のタイミングはギリギリのクロスプレー。川崎は難しい体勢でホームをタッチした。「神の右手(右腕)」と称された。送りバントに成功していたらこの決勝点には繋がらなかったかもしれない。この点をきっかけにして日本は1点差から5点のリードに変わった。9回裏を投げる大塚さんも1点を失ったもののこの点差がどんなに心強かったことか。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

荒川静香金メダル獲得 [スポーツ]

やったぜしーちゃん。むっちゃ感動したーー。
3回転3回転は封印したものの完璧。
スタンディングオベーションがまたすげー。
荒川しかできない(やらない?)イナバウアーが
得点に加味されないのはおかしい。
得点方式の見直しが必要なんじゃないか。

荒川選手にはそうとうの重圧があったはず。それでもクールビューティーと評されている人がSPの時から笑顔が垣間見れました。完全にオリンピックの舞台を楽しんでました。そこで思い出したのがロッテのCM「プレッシャーだって楽しめれば、勝ちなんです」というの。ロッテ娘3人が代表に選ばれ裏で何かあったとか噂になりましたがこのCMは結構好きでした。結果的にCMどおりになり、本人も楽しみたかったと言ってました。実況・解説の人が言ってました。「楽しめる人というのはそうとう練習を積んできてオリンピックという最高の舞台でそれが表現できる、出し切れる歓びを味わうことができる数少ない人だ」と。

そういえば「君が代」ってやっぱりいいよね。歌詞の意味や軍国時代の名残などなどで式(儀式)で流さないところもあるとか。それに教育基本法に愛国心を植えつけるように法改正の案があるとか。そんなもの全然関係なしにこういう場の「君が代」「日の丸国旗」はイイと思った。今回は悲願だったから特にそう思ったんだろうな~。


 安藤美姫は4回転に挑戦したのは大きい。アスリートは「挑戦」て大事だ。転倒はしたものの回転は早くあと一歩だった印象。この子はまだこれからの選手。浅田真央という下にミラクル少女がいるのと、安藤自身が早めにシニアの大会に出場していたからだろうが、本来まだシニアの大会に出て間もない選手扱いでもおかしくないのではないかと思う(外国は10代で完成度高いけど)。マスコミは期待掛けすぎ。きっともっと伸びる。4年後は他も成長してきているから出場できるかはわからないけど。この子はイタリアでも人気あるようだ。SPでは手拍子、フリーでも出だしは歓声があり、連続転倒時も応援の拍手。テレビ見た印象だと現地に応援に行っている日本人からだけじゃなさそう。
 ジャンプこそ技術は高いけど技が少ないと思った。フリーはその他のジャンプの失敗も痛かったけど、同じことを2通りやっている感じで飽きた。緊急ニュースがあったときの報道番組みたいにね。男子の高橋のときも他の選手に比べて単調だと感じた。上の選手はジャンプ以外にも色んなことをやってくれ、次は何をするのかワクワクさせてくれるから技の多さは重要だろう(素人目だから採点には関係ないのかもしれないけど)。
 ミキティが15位でなんだー「期待通りの期待はずれ」と思っている人がいるかもしれない。4回転という技はすごく体力を消耗してしまうらしい。それだけ難しくリスクが伴う技なのだ。もし安全策で封印していたらもう少し上の順位だっただろう。だけど1位以外は皆同じ、メダルを取らなければ皆同じというように攻めなければいけないのだ。4回転に挑戦したことによって僕のミキティに対する評価は大きく変わった。代表に選ばれてよかったといえる。金メダリスト荒川だって初めてのオリンピックはたいした成績じゃないのだから4年8年と上を目指して欲しい。

続きを読む


nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ヒンギスつえー(VSシャラポワ) [スポーツ]

なんか遅いですが、ヒンギスがシャラポワを下しました。
バイトがあったんで第1セットしか見てなかったのですが、
夜のニュースで第2セットはさらに圧巻だったようです。

シャラポワは最近調子が悪いのと、ヒンギスには失うものはないという
重圧がないというのはありましたが、それでも卓越していてすごく感動しました。
僕の中ではヒンギスはもう終わった選手でした。
そいう選手が這い上がってくると感動します。
かつてのヒンギスを知らないのですが、
かつて以上の能力を発揮できているのではないでしょうか?
25歳はテニスではどういう扱いかわかりませんが、ベテランにはいるのでしょう(?)。
フィギュア界でもベテラン組が活躍して盛り上がりました。
近年のスポーツ界は10代の若いのがチヤホヤされてました。
その分実力もあったので人気が出て当然なんですが、
他の実力がある選手がないがしろにされていた感もあります。
でも今年はちょとベテランの技、味が魅力を惹く年になりそうですよ。

テニスって左右に揺さぶられたり、そうとうハードなスポーツだと感じました。
まして6ゲーム先取で1セット3ゲーム制、男子は5ゲーム制(?)。
相手と実力が均衡していたらいつまでも続く(?)、
なんだかものすごく時間と体力がかかると思いました。
マラソンなど持久力系を加えるとわかりませんが、
遊戯、ゲーム、勝負するスポーツでは一番ハードなんじゃないかな?

今日は負けちゃったかー。もっと大きな大会でも活躍期待。
シャラポワより好きだな。応援するぞー。


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

究極のアスリートたち [スポーツ]

有馬記念
さすが選ばれた馬だけあって、
競馬を詳しく知らないおいらでも知っている名前がありました。
新聞みてハーツクライだなと予想(1着はもちディープで)。
結果はまさかのハーツクライ。馬券(馬連)買ってたら当たってたな(順位はずれだけど)。
究極の馬でも無敗の4冠はならずかー。感慨深い。

フィギュアスケート女子-全日本選手権と五輪代表決定-
全日本選手権は日本人しか出てないのに、
これオリンピックじゃねぇのってくらい究極の争いでした。
1位3位とベテラン組が決め、五輪も選考ポイント5位6位からの逆転で勝ち取った。
そしてポイント1位の安藤もポイントでは納得の選考だ。
だけど代表候補が直接対決した全日本選手権で6位だったからな。せめて4位。
GPファイナルで表彰台に上がればその場で内定もありうるとあった大会で見事3位、
今期、安藤との直接対決で3戦3勝している中野も捨てがたかった。
もうオリンピックは1ヶ月ちょい。最近は調子の悪い安藤よりも、
最近めきめき成長し調子のいい中野の方がいいんじゃないかとも思える。
安藤が嫌いなわけじゃないけど、、、決まったものはしかたがない。
トリノで結果が出れば誰も文句は言わないのだ。応援するぞー。
恩田がここまで出来るとは思ってませんでした。
前回の記事で恩田はないなと表記していてすみませんでした。
結果的に選考ポイント順になったわけだけど、中野が4位だったら(結果は5位)荒川より上回る。
代表は荒川ではなく、中野だったのかな?
4年後も安藤、中野そして真央とさらに若手が来るのか楽しみだ。

イチ流のイチロー
アメリカに建てた家を見た。大リーグ、野球に打ち込むためだよね?
日本に帰ってくる気ないわけじゃないっスよね。
そして今年は成績思わしくなかったけど、話聞いているとスゲー。
マジでか?言い訳じゃないのか?とすら思える。
球を見ずに、体で感じたい。そうすることで体が早いタイミングで反応できる。
だけど早くから反応してしまうので、ボール球を振ってしまう。
それを避けるために球を見てしまうという悪循環。
けれどある試合の何でもない打席で気付いてしまう。
体が反応しても独特のフォームで腕だけ残して、
バットをいい角度で当てることが出来るようになったとさ。
そのおかげで今年は強い打球が打て、ホームラン増量。
来年はそれでより究極に近づけるはずだと。
究極はどこまで進化するのか?どこまで進化すれば究極なのやら?


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:スポーツ

地球一決定戦【女子フィギュアスケートGPファイナル】 [スポーツ]

前記事に引き続きもう一つの地球一、
フィギュアスケートGPファイナルで浅田真央が優勝しました。
さすが天才、ミラクルと言われるだけあり、難しいことをいとも簡単にやってのけたという感じ。
トリノ五輪への要望も出てきた。
個人的には真央が五輪に出場するのは希望するし、
トリノ五輪は~世界No.2決定戦~という副題を付けてやって欲しいくらいだ。
しかしルールだし、五輪の枠は女子3つ。
真央が出場することになれば、現世界No.1真央、
現役日本人ただ一人女王になった荒川(世界一になったときに滑りは鳥肌が立った)、
安定感とNHK杯優勝の中野で決まりだ。
あー氷上の姫が落選だこりゃとなるぞ。
五輪代表基準ポイント&ちょと前までの人気は一番の安藤だけどどうする?
トヨタ内定、大学進学、CMに引っ張りダコの安藤だけど五輪出場しないとなると・・・。
真央は4年後のバンクーバーもあることだし。

一応五輪選考基準ポイントというのがあるようだ(これだけで決まるわけではないらしい)。
23日から始まる全日本選手権の結果しだいでポイント5位まで可能性があるようだ。
(真央は選考からはずれている。対象にするならダントツ1位)
表彰台に上がる2人がその場で五輪内定だろう(すでに真央は表彰台)。
そして俺が予想するに安藤美姫は3位以内に入れないような気がする。
GPで不調で、まだ疲れが取れないまま出場することになるからだ。
(本当は実力的にもダメじゃないかと思っている。体がおもry)
安藤は現在ポイント1位だからこの試合が悪くてもポイント3位以内に入る可能性が高い。
安藤はほぼ内定であとの2人を決める試合になるだろう。
でも安藤がよっぽど悪く、ポイントが下の選手が表彰台に上がることになれば、
ポイント以外の部分で安藤ではない3人に決まることも。気は抜けないことには違いない。

19日夜追記:個人的には荒川を応援かな。
無理だと思っているけど、世界一になったときの滑りはほんとよかったから。
約2年前だからなー。今年は成績よくないし。あの完璧な滑りがもう一度できないものか。

20日訂正:全日本選手権は3位までポイントが付くと思ってたら、6位まで付くようだ。
なので書いていたことを大幅に訂正しました。新聞が紛らわしい書き方するのが悪いんだーい。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。